機動戦士ガンダム00 第四話:対外折衝

ソレスタルビーイングの活動で世界に影響が出始めたことでみなさん対策を始めてきました。
面白くなってキターーー!!

人革連でも対ガンダム用の部隊を新設することになりました。
前回エクシアに負けたおっさんが配属されることに…
さらに超人機関から謎の少女も配属。超人…強化人間みたいなものかな?
nuynmi.JPG

ユニオンではグラハムのフラッグの改造も完了。
カスタムフラッグ!!対Gシステムを稼動させると12Gもパイロットに付加がかかる…なかなか強そう。
mn6j87m.JPG

ユニオンに所属するタリビアがユニオンからの脱退を宣言。
他国から軍事的・正義的圧力がかかった場合、軍事力をもって対抗するそうです。
タリビアはソレスタルビーイングを利用しようとしているのです。

脱退を宣言したタリビアにユニオンが軍を派遣。
ソレスタルビーイングのガンダムも到着。
ガンダムが最初に攻撃したのは、まだ何もしていないタリビア軍。
ソレスタルビーイングはタリビアを「戦争を幇助する国」とし攻撃したようです。

タリビアはユニオン脱退を撤回。
そしてユニオンはタリビア防衛のためソレスタルビーイングを攻撃することに。
カスタムフラッグ登場!!エクシアとなかなか良い勝負。
trrkt7.JPG

edmtemi7e.JPG
しかし、エクシアは海の中へ逃げていった。

この一連の行動は全て計画通りだったようです。
武力介入をされたタリビアは率先して米軍に助けを借り、これによりタリビア国内の反米感情も沈静しアメリカ主導の政策を行えるようになる。さらにアメリカからの支援を受けることができる。
また、他の国はタリビアの二の舞を避け、露骨な反米政策を行えなくなる。
タリビアもアメリカもソレスタルビーイングを利用したようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

タリビア
Excerpt: プレジデントとは?(ガンダム00)プレジデントとは?(ガンダム00)ガンダム00第4話にて、カスタムチューンされたフラッグがガンダムエクシアに追いついた際、パイロットが「見事な対応だ、プレジデント! ..
Weblog: THE☆芸能情報
Tracked: 2007-10-29 04:13

レビュー・評価:機動戦士ガンダム00/第4話「対外折衝」
Excerpt: 品質評価 14 / 萌え評価 30 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 20 / お色気評価 6 / 総合評価 15<br>レビュー数 272 件 <br> <br> 第4話「対外折衝」のレビューです。..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-30 19:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。